高い効果が見込める育毛剤成分デュタステリドの効果とは

塗布する育毛剤とは異なり、医療機関で処方される飲む育毛剤としてAGA対策でメジャーな成分なのがフィナステリドですが、そのフィナステリドと同様に薄毛の原因となっているジヒドロテストステロンの生成を抑制する効果がある成分として、デュタステリドを主成分とした育毛剤も出回るようになってきました。しかも脱毛抑制の効果はフィナステリドよりも高いとされており、研究結果からもかなり高い改善例が報告されています。薄毛の発生メカニズムを阻止できる効果がある育毛剤として、長い間薄毛に悩み続けてきた人にとって試す価値が充分にある薬です。
デュタステリドはAGAの発症の要因となっている還元酵素、5αリダクターゼが男性ホルモンであるテストステロンと結びつくことを阻害する働きがあり、その結果強力な脱毛指令を発するジヒドロテストステロンが作られることを抑制してくれます。この5αリダクターゼですが、従来のフィナステリドでは1型と2型の2種類あるもののうち、2型に関してしか抑制することができませんでした。しかし、デュタステリドは1型も含めたどちらの5αリダクターゼにも作用させることができ、AGA対策においてはフィナステリドの1.5倍の効果が期待できるとされているのが特徴です。
そもそもはイギリスにある製薬会社が育毛剤としてではなく前立腺肥大症の治療のために開発していた薬で、この前立腺肥大症の発症の要因も薄毛を引き起こすジヒドロテストステロンの濃度に関係していることから、それを抑える作用がある成分が頭髪が抜け落ちる症状にも効くのではないかと考えられて臨床試験が進められてきました。その結果高い成果を出し、現在ではAGA治療の現場でも使われるようになったのです。
副作用としてはフィナステリドと類似しているものが挙げられます。性欲の減退、肝機能障害、倦怠感などですが、どれも用法用量を守って利用していけば深刻な事態に陥る心配はありません。また、女性が薬剤に触れることは禁止されていますのでくれぐれも注意をしてください。個人輸入でも薬を入手することができますが、安全性を考慮するのであれば多少金額的に高くついてしまったとしてもきちんと医療機関を受診して処方してもらうのがおすすめです。
身体の内側から作用するよく効く育毛剤ですので、これまでの薄毛対策で効果がなかなか表れなかったというかたであっても改善を充分に見込めます。半年程度続けてみて、その発毛の効果を実感してください。

育毛剤の効果的な使用方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です